総合振込・給与振込・賞与振込

総合振込→振込振替への切替

総合振込として作成したデータのうち、10件まで振込振替に切り替えて取引することができます。
手数料が変更になる場合がありますので、必ず手数料をご確認ください。
なお、ご操作いただけるのは、総合振込の依頼権限および振込振替の操作権限を有する利用者に限ります。

1.
[データ伝送]メニューをクリックしてください。
「業務選択」画面が表示されますので、[総合振込]ボタンをクリックしてください。
[BSSK001]業務選択画面
2.
「作業内容選択」画面が表示されます。
[作成中振込データの修正・削除]ボタンをクリックしてください。
[BSGF001]作業内容選択画面
3.
「作成中取引選択」画面が表示されます。
対象の取引を選択し、[振込振替へ切替]ボタンをクリックしてください。
[BSGF019]作成中取引選択画面

[修正]ボタンをクリックすると、作成中の振込データを修正することができます。

[削除]ボタンをクリックすると、振込データから削除することができます。

4.
「切替対象選択」画面が表示されます。
対象の取引を選択し、[次へ]ボタンをクリックしてください。
[BSGF021]切替対象選択画面
5.
「切替確認」画面が表示されます。
内容をご確認後、[振込振替へ切替]ボタンをクリックしてください。
[BSGF022]切替確認画面
6.
「内容確認」画面が表示されます。
内容をご確認後、[次へ]ボタンをクリックしてください。
[BFKF012]内容確認画面

[取引情報の修正]ボタンをクリックすると、取引情報を修正することができます。

[支払口座の修正]ボタンをクリックすると、支払口座を修正することができます。
※支払口座の再入力が必要となりますので、入力しなおしてください。。

[明細の修正]ボタンをクリックすると、「支払金額入力」画面が表示され、支払金額や手数料等の修正が行えます。振込先一覧の[修正]ボタンをクリックすると明細を修正することができます。
また、[削除]ボタンをクリックすると、振込データから該当の明細を削除することができます。
※手数料の再入力が必要となりますので、入力しなおしてください。。

[印刷]ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。

7.
「暗証番号入力」画面が表示されます。
ご確認後、振込振替暗証番号を入力し、[次へ]ボタンをクリックしてください。
[BFKF017]暗証番号入力画面

[ソフトウェアキーボードを開く]ボタンをクリックすると、画面上に文字ボタンを表示させ、マウス操作により暗証番号を入力することができます。

複数の振込振替先口座を選択した場合は、[中断して次の取引へ]ボタンが表示されます。
[中断して次の取引へ]ボタンをクリックすると、表示されている取引を中断し、次の振込振替を行うことができます。

8.
「実行確認」画面が表示されます。
内容をご確認後、確認暗証番号を入力し、[実行]ボタンをクリックしてください。
[BFKF013]実行確認画面

[ソフトウェアキーボードを開く]ボタンをクリックすると、画面上に文字ボタンを表示させ、マウス操作により暗証番号を入力することができます。

既に同一振込情報(受付日または指定日、支払口座、入金先口座情報、振込金額)が存在する場合、二重振込警告メッセージが表示されます。
内容をご確認のうえ、お取引を継続する場合は「取引を継続する」にチェックし、[実行]ボタンをクリックしてください。

複数の振込振替先口座を選択した場合は、[中断して次の取引へ]ボタンが表示されます。
[中断して次の取引へ]ボタンをクリックすると、表示されている取引を中断し、次の振込振替を行うことができます。

また、「次の取引から確認暗証番号の入力を省略する」をチェックすると、連続振込振替を行っている間、認証情報の入力を省略することができます。

9.
「実行結果」画面が表示されます。
ご確認後、[トップページへ]ボタンをクリックすると、「トップページ」画面へ戻ることができます。

複数の入金先口座を選択し、全件分振込振替が行われていない場合は、[次の取引へ]ボタンが表示されます。
ご確認後、[次の取引へ]ボタンをクリックすると、次の振込振替を行うことができます。

ご依頼の内容は、振込振替「作業内容選択」画面の[振込・振替依頼内容の照会・予約取消]ボタンから確認することができます。

[同一口座から振込振替]ボタンをクリックすると、同一口座から振込振替のお取り引きを続けて行うことができます。

[印刷]ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。