但馬銀行トップ > 休日相談会

休日相談会

休日相談会のご案内(参加料無料)

ライフプランに合わせて必要となるお金のことなど、気になることはございませんか?

  • 資産運用に興味はあるけど、何をしたらいいの?
  • 加入している保険の保障内容は今の自分にふさわしい?
  • 年金の手続き方法がよく分からない・・・。
  • 住宅ローンの見直しをしたいけど、どうすればいいの?

資産運用・保険・年金・住宅ローンのことなど、お金に関する様々な疑問、質問についてご相談を承ります相談会を下記の日程で開催いたしますのでお気軽にご参加ください。

相談会は予約制となっておりますので、参加をご希望されるお客さまは、恐れいりますが、下記お問い合わせ先または開催店までご連絡ください。

なお、住宅ローンに関する相談をご希望のお客さまは、こちらよりお申込いただけます。

住宅ローン相談のお申込み

現在、電話によるお申込みのみの取扱いとさせていただいております。

お問い合わせ先・お電話での参加申込み先

0120-164-230

【受付時間】 平日9:00~17:00 (ただし、銀行休業日を除く)

相談会に関する留意点
相談会では、当行取扱いの金融商品等のご案内・勧誘を行うことがあります。保険に関するご提案をさせていただく場合は、事前にお客さまの同意とご署名をいただきますのであらかじめご了承ください。また、実際に契約される場合の最終決定は、ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
投資信託に関する留意点
  • 投資信託は、預金保険・保険契約者保護機構および投資者保護基金の保護の対象ではなく、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
    投資信託は預金商品ではなく、元本の保証はありません。投資信託の基準価額は、組入れ有価証券等の値動きにより変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動により基準価額が変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。これらのリスクはお客さまご自身が負担することとなります。
  • 投資信託には、主に次の手数料等がかかります。
    ①お申込み時:申込手数料(取得申込日または取得申込日の翌営業日の基準価額に対して最高3.78%(税込))、②保有期間中:信託報酬、監査報酬、有価証券売買委託手数料、外貨建資産の保管費用等③換金時:信託財産留保額(換金申込日または換金申込日の翌営業日の基準価額に対して最高0.5%)
    直接的または間接的にご負担いただく手数料等は上記①~③の合計額となりますが、お申込金額、保有期間等により異なるため合計額を表示することができません。なお、手数料等の詳細については、ファンド毎に異なりますので、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面をご確認ください。
  • 当行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
  • 投資信託ご購入の際は、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面により必ず内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面は、当行本支店にご用意しております。
商 号 等 株式会社 但馬銀行(登録金融機関)
登録番号 近畿財務局長(登金)第14号
加入協会 日本証券業協会
生命保険に関する留意点
  • 生命保険は預金保険機構および投資者保護基金の保護の対象ではありません。
  • 生命保険は預金商品ではなく、元本の保証はありません。また、解約返戻金に払込保険料相当額の最低保証はなく、所定の解約控除が必要な場合や市場金利の変動等により払込保険料の合計額を下回ることがあります。
  • ご契約前には『契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)』を必ずお読みいただき、内容を十分ご理解ください。ご契約時には『ご契約のしおり・約款』(変額保険の場合は、これに加え「特別勘定のしおり」)を必ずご覧ください。
  • 生命保険は商品により、ご契約時の契約時費用のほか、一定期間内に解約された場合、解約控除(費用)が必要となる場合があります。また、据置期間中は保険関係費用、資産運用関係費用、年金管理費、外国為替手数料等がかかる場合があり、お客さまにご負担いただく手数料はこれらの合計額となります。なお、ご負担いただく手数料の項目、手数料率、計算方法等は各商品によって異なりますので、一律の算出方法等を表示することができません。
  • 外貨建て保険商品については、為替レートの変動により、お受取になる円換算後の保険金額がご契約時における円換算後の保険金額を下回ることや、お受取になる円換算後の保険金額が、既払込保険料を下回ることがあり、損失を生ずるおそれがあります。
  • 一部の商品については、国内外の株式や債券等で運用しているため、株価や債券価格の下落、市場金利の上昇、外国為替相場の変動等により、資産残高、解約返戻金等が払込保険料を下回ることがあります。
  • 法令上の規制により、お客さまのお勤め先や、ご融資のお申込み状況等によっては、生命保険をお申込みいただけない場合があります。
  • 保険商品のお申込みの有無が当行とお客さまとの他のお取引に影響を与えることはありません。
  • 但馬銀行は、募集代理店として契約の媒介を行いますが、契約の相手方は引受生命保険会社となります。
  • 引受生命保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約の際にお約束した死亡給付金額・年金原資額等が削減される場合があります。
  • クーリング・オフの対象でありますが、お申込みの撤回またはご契約の解除が出来る期間に制限があります。
  • ご加入の検討にあたっては、販売資格を持つ当行の募集人にご相談ください。

ページの上部へ

  • 支店・ATMのご案内
  • たんぎんICバンクカード
  • ローンシュミレーション
  • 安心してお取引いただくために…
  • 金融円滑化への取組みについて
  • 地域密着型金融への取組み
  • よくあるご質問
  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 地域情報

金融犯罪の番犬「BANK-KEN」の金融犯罪にご用心 全国銀行協会

たんぎんのホームページでは、シマンテック社の「SSLサーバ証明書」により、真正性を証明しています。
  • Adobe Readerのダウンロード 当行ホームページでは、PDFを使用しております。